電話占いの人気のからくりとは?利用する人の特徴

電話占いは、使ったことがある人とない人にはっきり分かれるサービスといえます。一度使ってみて、これは自分の求めていたサービスだと思った人は、何度も使うリピーターになる可能性も高いです。同じ人に何度も利用してもらうのが、電話占いの人気のからくりとも言えます。それでは、どのような人が電話占いを利用しているのでしょうか。
人間には、自分の気持ちを誰かに分かってもらいたい思いがあります。誰かに話を聞いてもらうだけで自分の心がすっきりした経験がある人がほとんどでしょう。また、何か迷っているときや自分だけで判断がつかないとき、自分以外の人の意見を聞きたいと思うこともあるでしょう。自分の意見に絶対の自信があれば別ですが、そうではないとき、何か自分の意見を後押ししてくれる存在が欲しくなるのが人情です。
そんなとき、電話占いに電話をすると、大抵の人は、占い師が自分の望む答えを出してくれると感じることが多いはずです。そのからくりとはどうなっているのでしょう。占い師は相談者の話を聞く中で、本当は相談者の中で答えがほとんど出ていることに気づいています。そして、相談者がその答えを決断するのに最後の後押しをしてあげるのです。それが占い師の答えのからくりと言ってしまえば聞こえは良くありませんが、そもそも占い師の仕事は相談者の話を聞き、望む方向へ導いてあげることです。相談者に寄り添ったコミュニケーションを行うことでリピーターを生んでいることが、電話占いシェロの人気のからくりと言えます。